ドラフト 1位候補に一番多いのは奥川と佐々木!

今月17日に開催されるドラフト会議で12球団が指名しているドラフト1位候補がすでに決定し、日刊スポーツが報道しています。

今回の記事では、各12球団が指名したドラフト1位候補を紹介していきたいと思います。

《スポンサーリンク》



ドラフト1位候補一覧

日刊スポーツが10月15日報道した現時点でのドラフト1位候補の報道内容です。

【巨人】奥川恭伸投手(星稜)
【DeNA】森下暢仁投手(明大)佐々木朗希投手(大船渡)
【阪神】奥川恭伸投手(星稜)
【広島】佐々木朗希投手(大船渡)奥川恭伸投手(星稜)
森下暢仁投手(明大)
【中日】奥川恭伸投手(星稜)
【ヤクルト】森下暢仁投手(明大)奥川恭伸投手(星稜)
佐々木朗希投手(大船渡)
【西武】佐々木朗希投手(大船渡)
【ソフトバンク】佐々木朗希投手(大船渡)
【楽天】佐々木朗希投手(大船渡)奥川恭伸投手(星稜)
森下暢仁投手(明大)
【ロッテ】奥川恭伸投手(星稜)佐々木朗希投手(大船渡)
森下暢仁投手(明大)
【日本ハム】佐々木朗希投手(大船渡)
【オリックス】佐々木朗希投手(大船渡)

引用元:日刊スポーツ

一番候補が多いのは

奥川恭伸投手(星稜)7
佐々木朗希投手(大船渡)9
森下暢仁投手(明大)6

この3人が一番票を集めている選手達で、どこに行くのか注目されています!!

《スポンサーリンク》



各選手のYouTube動画

奥川恭伸選手

高校生でMAX154キロは凄いですよね!!松坂大輔選手の高校時代も凄かったけど、甲子園史上最高の投手とも言われているので、ドラフト1位候補になるのも当然ですね!!

佐々木朗希

令和最速の大船渡・佐々木朗希投手。今月2日にはプロ入りを表明し注目を集めています。ドラフト1位候補になっているのですが、来年にはアメリカに行くのではないかと言われているほど凄い選手です!!

森下暢仁

最後にMAX152キロの明治大 森下暢仁選手。完成度が高いのですが、150キロ以上投げる選手が多くなりすぎて全然驚かなくなってしまったのが現状ですね。

少し前だと、150キロを超えるプロ野球すら少なかったのに、今は高校生や大学生が超えてるのが凄い。今のプロ野球選手よりも早いですから驚きですw

《スポンサーリンク》



ドラフト1位に対するネットの反応

まとめ

世間の反応を見てもドラフト1位候補にはこの三人が一番言われていますね!!

奥川恭伸投手(星稜)
佐々木朗希投手(大船渡)
森下暢仁投手(明大)

凄すぎる3人がいるので陰に隠れてしまう選手がいるのですが、他の選手も凄いのでドラフトニュースには目が離せませんw

決定が決まりましたら、また記事更新していきますね!!

オススメ記事