風越紋代さんが山で遭難してしまって、警察に電話して救助してもらったのですが、警察官の対応が悪いとブログでコメントしたことでカナリ話題になっています。

どんな内容を風越紋代さんが書いたのかブログを探している人も多いと思い、探して見るける事が出来ましたので、紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク



風越紋代 本人のブログ

こちらが風越紋代 本人のブログです

https://web.archive.org/web/20170829214854/https://kazayo.com/gozaisho-sounan/

カナリ長い文章で書かれていて、個人的には、風越紋代 さんの言っている事の方が正しいと思いますね!

警察官の対応がカナリ酷すぎる。遭難してしまって、疲れている状態なのに、取り調べを行うなんて、犯人じゃないんだから・・・

さらに、救助したのは警察官ではなく、御在所ロープウェイの職員!

 

本当にこの人に救助してもらってよかったですよね(^^)

文句ばっかり言っている警察官に対し、職員の方は危険な山道を登ってきてくれているのですから。

 

風越紋代が登った山とは

風越紋代さんが登った山は、御在所ロープウェイという山で、15分間ロープウェイで絶景を楽しめる場所のようです。

公式サイトはこちら⇒http://www.gozaisho.co.jp/

写真を見ると分かるのですが、カナリ景色がキレイなのですが

登山するとなると、カナリ厳しいのではないでしょうか?

 

風越紋代さんは初心者ようのコースに行ったようなのですが、地図を持たず登った為遭難してしまったが

写真を見る限り、カナリの崖があるので、コースを知らない人はやっぱり1人で登る場所ではないと思いますね。

スポンサーリンク



ネットの意見は賛否両論

この事件と言っていいのか分からないのですが、ネットでは賛否両論の意見が飛び交っているようです。

まずは警察官の対応。

警察官は風越紋代さんと合流した時、「警察官はサービス業ではない」と話している。

サービス業でないのは分かるけど、公務員ですよね?思いませんか?

 

市役所で働いている人もサービス業ではないけど、来た人にはちゃんと対応してくれるし

税金でお金を貰っている限り、警察官の仕事を全うしなければいけないとおもう。

 

もし、これが仕事でないというなら、

遭難した時に、救助隊に頼むのが適切だと個人的には思います。

 

実際に私が言われた訳ではないので、全ての状況が分かる訳ではないけど

「警察官はサービス業ではない」の言い分は間違っていると思う。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク