栃木県日光市で2歳の子供を、誤って橋から転落させてしまい助けに行った父親が行方不明になっているようだ。

幸い2歳の男の子は消防隊に救助され、命に別状はないのだが、父親は未だに見つかっておらず捜査されている。

スポンサーリンク



日光市鬼怒川温泉の橋から誤って転落

今回報道された内容はこちら

 警察によると19日午後9時ごろ、日光市鬼怒川温泉の「ふれあい橋」で、家族で花火見物に来ていた山家竜司さん(41)が、橋の下をのぞき込んだ際、抱いていた息子(2)を誤って約10メートル下の川に落としてしまったという。引用元:ヤフーニュース

行方不明になっているのは父親の山家竜司(やんべりゅうじ)さん41歳。

橋の下を覗き込んだ時に子供が転落するなんて、本当に衝撃的なニュースですよね?

子供はどうして大丈夫だったのか?

10メートル以上ある橋から落下した2歳の男の子ですが、木の枝や草などが偶然クッションとなり助かったようです!!

助けに行った父親は、焦っていたのではないでしょうか?川の中に急いで入り助けにいったそうです。

この時の時刻は夜9時頃。ちょうど花火大会が終わったぐらいで、あたりは暗くなり始めた時ぐらいだったそうです。

事件現場

事件が起きたのは栃木県日光市鬼怒川温泉大原の近くの大きな橋

山家さん一家は家族5人で温泉旅行に来たいたようです。

何で橋から落ちたのか??

一番気になるのが、何で橋から落ちてしまったのか??通常なら1メートル以上は手すりなど設置されている橋。この橋も例外ではないです。

そう考えると、お父さんの竜司さんが子供を抱っこして橋の手すりに乗せていた可能性があるのではないでしょうか??

自分は手すりの外に体があるので、安全だったので下を覗き込んだかもしれませんが、一緒に覗き込んだ男の子は手すりの上のため安全では無かったはずです!

長時間抱っこしていると腕などがきつくなるので、手すりに乗せていた可能性もありますね!

 

 

 

スポンサーリンク